2008年07月04日

F1ビジネス―もう一つの自動車戦争 (角川oneテーマ21) |田中 詔一

F1ビジネス―もう一つの自動車戦争 (角川oneテーマ21)F1ビジネス―もう一つの自動車戦争 (角川oneテーマ21)
田中 詔一
角川書店 刊
発売日 2006-05



ビジネスとしてのF1 2007-08-13
私たちの知らないビジネスとしてのF1が垣間見れます。いままでは、バーニー王国が牛耳ることで成り立っていたのだが、バーニーvs自動車メーカーの中で、F1をもっとオープン化していこうという流れになっている。



F1はスポーツかということで言えば、他力本願の要素が余りにも強くて、スポーツという感じがしないような気がする。むしろ、ヨーロッパの金持ちの道楽という感じがする。レーサーは、体力勝負ということと間違えたら死の恐怖というものがあることで結構大変なんだけどね。



私なんかは、毎年毎年レギュレーションが変わっているから、どういうルールが適用されているのかがわかりません。そういう変更にあわせるために、マシン制作費が高騰しているという現実があるのですね。F1がどういう方向に向かっていくのかには注目していきたい。



私が驚いたのは、優勝しても主催者側から賞金が出るわけではない。報酬は、チームからの年俸制であるという部分だ。ということは、コンストラクタポイントこそがチームにとって大事なことになる。そういう中で、ホンダ、トヨタの行方は?日本人ドライバーの順位は?スーパーアグリがどこまでやるか?見たいな事に注目すればいいのかな。






さらに詳しい情報はコチラ≫


posted by F1通 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | F1